2024年7月11日木曜日

園だより 令和6年7月号

 ようやく関東も梅雨入りして、気温だけでなく湿度も一気に高まってきました。あらためて、夏場の最大の敵は湿度だなと感じます。もちろん近年の地球温暖化による気温上昇も大きな問題ですが、湿度の高低によって体感温度は大きく変わり、熱中症のリスクにも大きな影響を与えます。この不快感はある意味日本の夏の風物詩ではありますが、これだけはいつまで経っても好きになれません。せめてこの湿度だけでも何とかならないものか、と思う毎日です。

 この梅雨時は感染症も流行しやすい時期でもあります。ご家庭での健康管理と健康チェックを徹底していただき、感染症拡大防止にご理解とご協力をお願いいたします。

 

 さて話は全く変わり、最近ニュースでよく取り上げられている東京都知事選挙ですが、本来は候補者の政策の内容が大切なはずが、候補者の掲示板の話題の方が注目を集めています。ご存じの通り、選挙や政策、候補者とは全く関係のないようなポスターが貼られている件です。さらに、それらの行為は現行の公職選挙法では対応できないような内容ということで、強制力のある対応がなかなか難しいようです。想定外の行動をする人が出てきたために、対応不可になっている状況ということで、早急に法改正をしなければという声が出ています。

 ただ、法改正はもちろん必要な状況だとは思いますが、私は同時に日本の今の風潮やそもそもの人間教育という点を問題にしなければならないのではないかと感じ、この先の日本という国の行く末を案じています。

近年、インターネット環境や情報ツールが普及したこともあり、昔と比べると比にならないほどの情報が飛び交って、良いことも悪いことも好きなだけ目や耳にすることができるようになり、そこから波及したサービスも増えてとても便利になりました。また、昔に比べていろいろな面で自由度が上がりました。本当であれば昔に比べてとても幸せにのびのびと楽しく暮らせる世の中になっているはずです。

 しかし、実際はどうでしょうか。これまで築かれてきた「常識」は良いことも悪いこともどんどんと破壊され、今の日本は何でもかんでも「自由」や「多様性」や「権利」を主張する。でも、自分の「自由」や「多様性」を主張する割には、他人のことには干渉したがり、自分の考えに反する他人の発言や行動に対してはクレームをつけたり、SNSで総攻撃を加えたりして、時には人を死にまで追い詰めてしまう。また、マスコミも流行のようにすぐ「〇〇ハラスメント」と名前を付けては騒ぎ立て、極一部の声をあたかも多くの声のように伝える等々。もはや今の世の中を無難に生き抜くためには、できるだけ他人と関わらず、自己主張せず、目立たずに生きていくことがいいのかな、とすら思えてしまいます。

 自由度が増し、便利になった世の中のはずが、常に周囲を気にして発言・行動をしなければならず、精神的にとても窮屈な世の中になってしまいました。逆に周囲の目や声など気にもしない、やりたい放題したい者にとってはとても生きやすい世の中になったのかもしれません。これからそんな大人がますます増えてきたら、と思うと不安しかありません。この状況は本当に良くない、そう思う今日この頃です。

園長 藤本 志磨

2024年6月6日木曜日

園だより 令和6年6月号

 日中の日差しの下では夏を思わせるような暑さを感じますが、日陰に入ると時折り吹く風がとても心地よく感じられます。この時期は木々の若葉が芽吹き、草花が色とりどりに咲き、日向の暖かさと日陰の心地よさが感じられ、虫たちも活発に動き出し、色々な場所や場面で自然の命を感じられる時期です。園庭で遊ぶ子ども達も園庭を走り回ったり、蟻んこや小さな虫を見つけて観察したりしている姿も見られます。この気持ちの良い時期を是非満喫してほしいと思います。

この後梅雨に入ると湿度が上がり、いよいよあの蒸し暑さがやってきます。そこからが最も熱中症に気を付けなければならない時期になりますので、園での活動も十分に気を付けながら行っていきたいと思います。一日の気温差も大きい時期ですので、体調管理にも十分にお気を付けください。

 

さて、子ども達も新しい環境に慣れ始め、これからは緊張も解けて自分らしさが発揮され始めることと思います。新入園児やクラス替えを行った年長児は特に新しい友達との関わりも増えてくるので、これまでと遊び方や行動に少しずつ変化が出てくることもあるかもしれません。保護者から見てその変化が望ましいこともあれば望ましくないと感じることもあるでしょう。また、新しい関わりが増える分、子ども達はお友達とのトラブルや人間関係に戸惑うこともあるかもしれません。しかしそのような経験は、子ども達が集団生活を送ることの大きな意味の一つでもあります。大人であっても生きていく中で人間関係はとても難しい問題です。当然のことながらこどもは大人よりも未熟です。ですから、子どもが人間関係でトラブルその他何かが起きることはある意味当然のことです。大切なのは、子ども達がそのような経験を通して人との関わり方や解決策などを学び、自分の中でどう理解しその後に活かしていくかです。以前にもお伝えしたことがあるかもしれませんが、一見マイナスに見える経験も、捉え方次第でプラスの経験に変えることができます。大人になって思い返してみると、当時は本当に辛かった嫌な経験も、あの経験があったからこそ学ぶことができたということはないでしょうか。今まさに辛い時は、本人はなかなかそうは考えられないと思いますが、そんな時に傍にいる大人や友人が冷静に先を見据えて対応してあげれば、少しは前向きに、気持ちが楽になるかもしれません。大人になっていく中で、必ず自分で困難を乗り越えていかなくてはならに時が何度となくやってきます。そしてそれは子ども達の将来の幸せに向けて絶対に必要な経験です。そのような経験が不足すると、大人になっていつか必ずもっと苦しい状況に陥ることになります。是非、大人が人生の先輩として先を見据えながら関わっていきたいと思います。

また、人が成長するという意味では「主体変容」(しゅたいへんよう)という考え方もとても大切な考え方だと思っています。これは、何か困難や問題が生じた時、「誰かのせい」「環境のせい」「何かのせい」にするのではなく、責任の源は自分であると考え、自分が変わることで周りを変えていくという意味の言葉です。

子ども達が将来幸せに暮らしていくために、今から良いことも悪いこともいろいろと経験してほしいと思います。

園長 藤本 志磨

2024年5月8日水曜日

園だより 令和6年5月号

  徐々に日中の気温が上がってきました。まだ気温は上がっても湿度は高くないのでそこまでの厳しい暑さではないですが、体が暑さに慣れていない分、今から熱中症には十分に気を付けていきたいと思います。また、ご家庭でも夜の睡眠時間を十分にとり、朝食で水分と塩分も含めた栄養をしっかり補給してから登園できるよう、ご協力をお願いいたします。昨年は5月から真夏のような暑さが始まりました。今年はもう少しのんびりと夏がやってきてくれることを期待したいと思います。

 

 さて、今年もゴールデンウィークがやってきました。今年は上手くお休みがとれると10連休というケースもあるようで、なんとも羨ましい限りです。今年のカレンダーを見ると、祝日の関係で3連休となるケースが例年より多く、ゴールデンウィークを含めてお休みの過ごし方を今から楽しみに計画されている方も多いのではないでしょうか。昨年コロナの制限から解放されて以降、国内では人の動きが多くなり、さらに円安の影響もあって海外からの観光客も非常に多くなって、休日の観光地はどこもとても混雑しているようです。コロナ禍で混雑した状況から遠ざかっていたこともあってか、観光に行ったわけではなくてもどこに行っても人の多さを感じてしまいます。お休みに計画した旅行やお出かけも、渋滞や混雑でなかなか計画通りに事が進まないなんてこともあるかもしれません。いっそのこと、人気のスポットではなく、敢えて穴場のスポットを探して計画するというのも違った楽しみがあるかもしれません。また、ぶらり途中下車的に目的なしに行動するというのも精神的なストレス解消に良いと思います。連休の多い令和6年ですから、是非楽しく有意義なお休みを過ごしてください。

 ご家族のお出かけでは子ども達も一緒に行動することになります。子ども達はきっと楽しい時間を全力で楽しみ、体力の限界まではしゃぐでしょう。とても喜ばしいひと時だと思いますが、その分子どもの体力やペースなどを考慮しながら計画を立てて頂きたいと思います。特にお泊りでの旅行では前日・当日とも興奮で子ども達も熟睡できない場合があります。子どもにとって無理のない計画を立て、帰宅後はできるだけゆっくりと体を休めて十分な睡眠をとり、体が元気な状態で園に登園してきていただきたいと思います。たくさんの楽しい思い出とともに夢の中でゆっくりリラックスして、素敵な朝を迎えられたら最高ですね。

 お仕事の関係で、逆にゴールデンウィーク期間は十分なお休みを取ることが難しい方もいらっしゃると思いますが、ご家族で過ごされる時間を大切にしていただき、事故や怪我無く、ぜひ家族の絆が深まる素敵な休日をお過ごしください。

 

園長 藤本 志磨

2024年4月17日水曜日

園だより 令和6年4月号

 ご入園・ご進級 おめでとうございます!

 今年は桜の開花が早いと言われてから寒さが逆戻りして、待ち遠しかった開花宣言が先日ようやく出ました。まるでこの入園、進級に合わせてくれたかのようです。とても素敵な一年のスタートとなりました。今後は暖かい日も増えて、緑が増え、花が咲き乱れ、小さな生き物たちも活動が活発になり、街中も一気に春の装いに変わっていくでしょう。入園・入学・進級・入社・異動など、ハラハラドキドキの新しい生活がスタートする人も多い時期。今までの生活が充実していた人もそうでなかった人も、心新たにリスタートを切るには絶好の時期です。令和6年度が皆さんにとって素晴らしい一年になりますよう、お祈り申し上げます。

 

あらためまして、いよいよ令和6年度が始まります。子ども達も入園・進級ということで、最初のうちはワクワクと同時に不安もいっぱいの日々が続くと思います。私ども職員一同、まずは子ども達が一日も早く安心して、そして毎朝楽しみに登園できるよう信頼関係の構築を最優先にしながら保育をしてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

 現代のストレス社会の中で、昨今「ストレス耐性」という言葉を耳にすることがあります。「ストレス耐性」とは、ストレスの原因に対しての抵抗力や適応力などの力のことです。このストレス耐性が高ければ精神的にも安定して生活が遅れるでしょうし、逆に低ければストレスによって眠れない、常にイライラ、物事に集中できない、最悪の場合体調面にも支障をきたす可能性が高くなってしまいます。ストレスは当然ない方が良いに決まっていますが、生きていく中でストレスを一切感じずに生きていくことは不可能です。ですから、将来幸せな生活を送るためには、このストレス耐性を高めることはとても重要な要素になります。このストレス耐性を上げるには、幼少期のうちから様々な経験を積み重ねることが必要不可欠です。親としては我が子に極力「辛い思いをさせたくない」、「いつも笑顔で過ごしてほしい」と思うのは当然ですが、その思いだけで子どものストレスを全て排除しようとしていると、結果的に将来子ども自身がストレスによって辛い人生を送ることにもなりかねません。園生活の中では、楽しいこともうれしいことも、辛いことも悲しいことも悔しいことも、様々な経験をすると思います。それらすべての経験をポジティブに受け止めること、その受け止め方や対処の仕方を子どもと共有することが大切です。「大切なのは、倒れないことより、起き上がること」子ども達の今の笑顔だけでなく、将来の笑顔につながる経験をたくさんしてほしいと思っています。一年間、どうぞよろしくお願いいたします。

 

園長 藤本 志磨

2024年3月12日火曜日

園だより 令和6年3月号

  日によって気温差が大きく体調管理が難しい陽気が続いていますが、確実に春の足音が近づいてきています。園にある桃の木のつぼみは大きく膨らみ、園庭の芝生をよく見てみると僅かですが所々に緑色の葉が出始め、春の温もりをみんなが待ち焦がれているようです。

 春は卒業やお引越しなど別れの時期というイメージがあります。幼稚園でも卒園や進級でのクラス替えなど、大好きな仲間達とのお別れがあり、みんなで過ごせる日にちも残り1か月を切ってしまいました。残り少ない日々を大切にしながら、最後の一日まで楽しく過ごしてほしいと思います。

 また、春は別れだけでなく新しい出会いの季節でもあります。新しい人に出会ったり、新しい環境に変わったり、新しく好きなことを見つけたり。新しいことには少なからず不安な面もあったりしますが、何事もどこに自分の視点を合わせるかで、その見え方が違ってくるものです。まだ起きてもいない不安な要素に囚われるより、これから出会う楽しみや喜びに期待が持てるように過ごしていきたいと思います。

今年度も残りわずかですが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 さて、青葉幼稚園の隣に令和6年4月に開園する「青葉保育園」ですが、もう間もなく園舎が完成し、新入園児の受け入れ準備も着々と進んでおります。同じ社会福祉法人青葉学園の施設ではありますが、青葉幼稚園のコピーではなく、青葉保育園独自の特色を出し、青葉幼稚園と青葉保育園それぞれの個性を出して運営していきたいと思っています。幼保連携型認定こども園と保育園という施設の形態そのものが違い、日常の生活のリズムやカリキュラム・行事などの取り組み方も違います。子ども達やご家庭の状況なども多種多様なので、それぞれの子ども達に、あるいはそれぞれのご家庭に合った施設選びをして頂けたらと思っています。ただどちらも、子どもが将来幸せに過ごしていけるよう、将来を見据えた教育・保育を心掛けていることに変わりはありません。目的は同じでも、そこに向かう道のりの選択肢はいろいろあるということです。

また一方で、せっかく同一法人の隣り合った施設ですから、将来的には子ども達や職員なども少しずつ交流の機会を持ち、お互いに切磋琢磨しながら良い刺激を受け合い、一緒に成長していけたらと思っています。それぞれ施設は違えども、縁あって出会った「青葉」という一つのファミリーとして、子どもも保護者も職員も一緒に、未来の幸せに向かって一歩ずつ歩んでいけたらこんなに幸せなことはありません。

4月以降は両施設の子ども達や保護者の皆様もお顔を合わす機会が多くなると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 園長 藤本 志磨

2024年2月17日土曜日

園だより 令和6年2月号

 2024年が始まりました。今年の干支は「甲辰(きのえ・たつ)」と呼ばれ、「甲」は十干の最初で、物事の始まりの意味。 十二支の「辰」は「昇り龍」などと呼ぶように、勢いよく活気にあふれた様子を意味するとのことで、「甲辰」は「新しいことに挑戦して成功する」「これまで準備してきたことが形になる」等、大変縁起の良い年になるといわれているそうです。しかし、元日から能登半島での大地震が起き、2日には羽田空港での航空機事故が起きるなど、とても悲しい新年のスタートとなってしまいました。お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、負傷された方々にはお見舞いを申し上げ、未だ行方不明の方々が無事に発見されることを心よりお祈り致します。また、被災された方々も、極寒の中での避難生活は私たちの想像を超える苦しみだと思います。救済や復旧のために全国各地の自治体や自衛隊・警察・消防から応援の手が差し伸べられ、国内外からもたくさんの支援が寄せられていますが、一日も早く安心できる日々を取り戻せるよう応援したいと思います。

 

 一年の始まりが悲しいスタートとなってしまいましたが、これから先は少しずつでも良い一年になるよう、私たちも過ごしていきたいと思います。冒頭でも書いた通り、「甲辰(きのえ・たつ)」という年は縁起の良い年とされています。信じるか信じないかは各々の考え方次第ですが、人間は良くも悪くも思い描いた方向に進んでいくという話をよく耳にします。自分が前向きにポジティブに物事をとらえ、夢を叶えたり、目標を達成したり、楽しんだり、喜んだり、そんなイメージをいつも頭の中に思い描いて頑張っていると、次第に現実がそのイメージに近づいていくということです。私の勝手な憶測ですが、そうやっていつも前向きに良いイメージを思い描きながら頑張って生きていると、自分自身の成長はもちろんのことですが、自分でも知らないうちにその頑張りを周囲の人たちが評価してくれて、応援してくれたり、協力してくれたり、アドバイスをくれたりなど、自分以外の周囲の状況もその夢への歩みを後押ししてくれる状況が出来上がってくるのではないかと思っています。それが、自分自身の成長+αになって夢がより近づいてくるのではないかと思います。そしてその逆もまた然り。ネガティブな発想でマイナスのイメージばかり持っていると、本当にその流れに乗ってしまいます。自分の気持ちが自分でも気付かないうちに言葉や態度になってマイナスのエネルギーとなって周囲に伝わり、マイナスがマイナスのエネルギーを引き寄せていくのでしょう。

「奇跡は起きるものではなく、起こすもの」という言葉があります。運も周囲の力もみんなを引き付けられるよう、できるだけいつも明るく前向きにプラスのエネルギーを発していきましょう。そうすれば必ず夢に近づいていきます。今年も一年頑張りましょう!

 園長 藤本 志磨

2023年12月22日金曜日

園だより 令和6年1月号

 早いもので2023年も残りわずかとなってしまいました。今年の冬は季節外れの暖かさと強い寒気による寒暖差の影響もあって、体調を崩す園児も非常に多くなっています。同時にインフルエンザや感染性胃腸炎、アデノウイルスなど感染症の病気も流行しているので、冬休み中も体調管理や感染予防を行い、十分にお気を付けください。新しい年を皆さん元気に迎えられるよう願っております。

 

さて、皆さんにとって2023年はどのような1年だったでしょうか。ここ数年世界中を混乱に陥れていた新型コロナウイルスは次第に落ち着きを見せ始め、取り敢えずは一旦区切りを迎えました。感染対策が緩んだ影響もあってなのか、今度はそれに代わって今まで影を潜めていたインフルエンザをはじめとする様々な感染症が、これまでにない勢いで拡大しています。新型コロナへの感染対策でその他感染症に対する免疫力が低下してしまったという話もありますが、もうしばらく感染症の波と付き合っていかなければならなくなりそうです。

また、世界ではウクライナとロシアの戦争に加え、新たにイスラエルとハマスの紛争が勃発し、毎日悲しいニュースが報じられています。これまでの様々な経緯があり、それぞれの立場の言い分もあり、そう簡単に解決できる問題ではないのだということはわかりますが、いずれにしても人が傷つき命を落とすような争いは一刻も早く終結してほしいと願うばかりです。

日本国内に目を向けると、今年もいろいろなことがありましたが、私としては今年はスポーツの世界で日本人や日本チームが大活躍した1年だった印象がとても強く思い出されます。WBCでの侍ジャパン優勝、バスケットボールワールドカップでのアカツキジャパンの大健闘とアジア1位でのパリオリンピック出場決定、メジャーリーグ大谷翔平選手のホームラン王やMVP獲得などの大活躍、バレーボールでも男子代表がパリオリンピック出場権を獲得、フィギュアスケートでも多くの日本人選手が各大会で優勝などの好成績を収めました。きっと他にもまだまだあるのだと思いますが、ニュースを見ていると悲しいニュースや怖くなる不安になるニュースが多い中、このスポーツ関連のニュースでは喜ばしく勇気や元気をもらうことが多く、気持ちの部分でも救われてきました。2024年はパリオリンピックが開催されます。来年も是非頑張っていただいて、選手の皆さんも日本国民も幸せな時間が共有出来たら嬉しく思います。

保護者の皆様、そしてご家族の皆様も、良いことも悪いこともいろいろなことがあった1年だったと思います。夢を叶えるには夢を叶える自分の姿をイメージし続けることが大切だと言われます。幸せになることも、幸せな自分をイメージすることが大切です。2024年、これから迎える未来には是非希望と夢をもって、素敵な1年にしていただきたいと思います。

 園長 藤本 志磨

園だより 令和6年7月号

  ようやく関東も梅雨入りして、気温だけでなく湿度も一気に高まってきました。あらためて、夏場の最大の敵は湿度だなと感じます。もちろん近年の地球温暖化による気温上昇も大きな問題ですが、湿度の高低によって体感温度は大きく変わり、熱中症のリスクにも大きな影響を与えます。この不快感はある...